業務内容

サット119エコ:人と環境にやさしい消火器具「投げ消すサット119エコ」は、約100万本の出荷実績を誇る安心の防災用品です

とっさの時、あなたは消火器を扱えますか?

平成20年における火災出火件数は52,394件でした。死者数は1,969人であり、65歳以上の高齢者と5歳以下の乳幼児が6割を占めています。

火災が発生した場合に最も被害が少なく、確実に消火するポイントは「炎の勢いが小さい内に初期消火する」という事です。しかし一般に普及している噴射型消火器は「パニック状態になってしまい操作を間違えた」「重すぎて火元まで運べない」「炎の熱で近づけず、満足な初期消火ができない」など、特に高齢者や子供・身障者等「災害弱者」には扱いづらい物でした。「投げ消すSAT(サット)119eco(エコ)」はそれらの問題点を克服し災害弱者でも迅速な初期消火を可能にします。

軽く小さい!誰でも運べる

小さく軽い「投げ消すサット119エコ」は、女性や高齢者やお子様でも簡単に持ち運べます。
より早い時間で火元まで運ぶ事ができるので、より炎が小さいうちに消火活動を行えます。

普及している一般消火器(3リットル):重さ:約5~6kg、投げ消すサット119エコ(アンプル1本):重さ:0.6kg

投げるだけ!誰でも使える

「投げ消すサット119エコ」はカバーから消火剤入りのアンプルを取り出して火元へ向かって投げつけて使用します。一般消火器のようにピンを抜いたりレバーを握る必要がありません。
アンプルが割れると熱によって消火薬剤から消火ガスが発生します。

発見→投げる→消火
  • 消火能力は5本で1単位、義務設置の消火器と置き換え可能
  • 発生する消火ガスで消火薬剤は環境や人体に悪影響を与えない
  • 加圧されてないので劣化や損傷による破裂事故が起きない
  • 廃棄に費用がかからない、点検コスト削減

使用方法

投てき消火

保護カバーから消火剤入りアンプルを取り出し、火元へ向かって投げつけて使用します。とっさの場合に誰でもスッキリと消火することができます。
※アンプルが割れないと消火効果がありません。
柔らかい布団などに当てず、火元近くの壁や床に当ててください。
(図は壁面設置タイプの使用方法)

1.カバーを外す → 2.本体を取り出す → 3.火元へ投げつける
水割り消火

バケツ1杯の水にアンプル1本を混ぜることにより消火薬剤の量を増やす事ができます。柄杓などで火元に振り掛ける事で、野外の広範囲火災に対応できます。
※水に混ぜた状態で長期保存はできません。

1.バケツに入れた水に混ぜる → 2.柄杓などで火元へ掛ける

その他詳しくはメーカーサイトをご覧ください

弊社がご提供するサービス

  • 建物総合清掃
  • 環境測定業務
  • マンションホテル管理
  • 電気設備管理
  • 貯水槽清掃
  • 塗装・内装工事
  • 空調管理
  • 消防設備
  • 給水・排水管理
  • セキュリティー
  • LED販売
  • サット119エコ
  • 空家管理
  • 植栽管理
  • その他

提案型 マンション・ビル・店舗管理

  • メンテナンス計画
  • 入居率向上計画